ビジネスローン審査甘い?厳しい?急ぎの運転資金の借入なら

悩み画像

おすすめ画像

おすすめ画像

ビジネスローンおすすめランキング

ランキング1画像

矢印画像

申し込みボタン画像

ランキング2画像

矢印画像

申し込みボタン画像

ランキング3画像

矢印画像

申し込みボタン画像

ビジネスローンとは?新時代の資金調達法!

01画像

 

ビジネスローンとは?

個人事業主や中小期企業の経営者の方々にとって、資金繰りは頭の痛い問題ですね。

 

運転資金やつなぎ融資、設備投資や修繕費など、急にお金が必要になった時に手持ちの資金に余裕がある人は少ないのではないでしょうか?

 

そんなとき、公的資金や銀行の融資を受けられれば最善なのですが、公的資金は借入れ手続きに時間がかかりますし、銀行の融資は審査が厳しいのが現状です。

 

急に資金が必要になった時、考えられる方法のひとつにカードローンがありますが、銀行のカードローンは事業資金には使えません。

 

消費者金融のカードローンは事業資金に使えるものが多いのですが、総量規制の影響でまとまった金額の借入れは困難です。

 

そんなとき、ビジネスローンの利用を考えてみるのも良いかもしれません。

 

ビジネスローンとは、融資による事業資金調達方法のひとつで、第三者による連帯保証人や担保が不要、スピード審査に対応した中小企業向けのローンです。

 

公的資金や銀行の融資に比べると金利が高いというデメリットがありますが、急な資金調達には有効な手段と言えます。

 

 

ビジネスローンの種類

ビジネスローンには銀行や信用金庫などの銀行系ビジネスローンと、消費者金融や信販会社のノンバンク系ビジネスローンがあります。

 

一般に銀行系ビジネスローンはノンバンク系より金利が低めに設定されています。

 

一方、ノンバンク系ビジネスローンは、銀行系に比べて審査基準が低めで返済期間が長めなことが特徴です。

 

 

ビジネスローンのメリットやデメリットは?

ビジネスローンは、銀行の他にクレジットカード会社や消費者金融業者でも取り扱っています。

 

公的資金とビジネスローンを比較すると、次のようなメリットがあげられます。

①対応が早い(即日融資可能なローンもあり)
②振込融資など利便性が高い
③保証人、担保がいらない
④総量規制の対象外

 

ビジネスローンは良いことばかりではありません。
逆にデメリットもあります。

①金利が高い
②利用できる限度額が低い

 

ビジネスローンを利用する際には、複数の業者を比較してメリットを最大限に活かし、デメリットが少ないローンを選ぶことが大切です。

 

 

ビジネスローンを選ぶときのポイント

ビジネスローンはいくつも種類があるので、何を基準に選べば良いか悩んでしまいます。

 

そこで、選ぶときのチェックポイントを上げておきますので参考にして下さい。

 

①金利
何と言っても、一番大きなポイントです。
必要な金額と適用される金利を計算して、なるべく低い金利を選びたいものです。

 

②限度額
必要な金額に足りているかを確認しましょう。
金利が低いからと言って限度額が必要額に満たなかった場合、複数のビジネスローンを借りる事になりますから、逆に無駄な金利を払うことになってしまうかもしれません。

 

③保証人の要、不要
ビジネスローンは基本的保証人は不要ですが、法人の場合は代表者に連帯保証人を求められることがあります。

 

④融資対象
法人向けのビジネスローンか個人事業主向けのものかという点や事業実績年数などの規定が無いかを確認しましょう。

 

⑤融資が実行させるまでの時間
せっかく好条件のビジネスローンを見つけても、必要な期限までに融資が実行されなければ何の意味もありません。
申込みから融資が実行される時間の確認、特に急いでいる場合は即日融資に対応しているかを確認しましょう。

 

⑥来店が必要かどうか
融資の手続きに時間を取られると、少なからず業務に支障が出てしまします。
申込みや契約、借入れの手続きに来店することが必要か、来店なしでもOKかも重要なポイントです。

 

⑦振込み融資、提携ATMなどの条件
借入れや返済の際に営業窓口や店舗のATMまで出向くことも、本業に支障が出てしまいますから避けたいものです。
ネットバンキングが利用できたり、近所のコンビニや銀行に提携ATMがあるかどうかも重要なポイントです。
又、提携ATMでは利用手数料の有無も確認しておいたほうが良いでしょう。

 

⑧用途について
事業資金限定のローンもあれば、制限無し(フリー)もあります。

 

⑨借入期間
つなぎ融資のような短期間の借入れなら問題ありませんが、何らかの理由で返済が長引くことも考えられるので、なるべく長期に渡って借り入れられるローンが良いでしょう。

 

お勧めのビジネスローンは?

まず、最初に上げるのはビジネクストのビジネスローンです。

 

ビジネクストは素人にはあまり耳馴染みがない会社ですが、ビジネスローン業界では実績のある大手企業です。

 

アイフルグループの子会社と言った方が手っ取り早いかもしれません。

 

次にオリックス・クレジットの「オリックスVIPローンカードBUSINESS」です。

 

これは、有名なオリックスグループの事業者向けのビジネスローンです。

 

即日融資に対応している数少ないビジネスローンです。

 

更にもうひとつ。

 

株式会社ビジネスパートナーのスモールビジネスローンです。

 

ここでは、この3つのビジネスローンを中心に比較や分析をしていきましょう。

 

審査の通過率は非常に高いと評判のビジネスローンです。

ビジネスローンとカードローンの違いとは?

03画像

はじめに

ビジネクストのビジネスローンは、限度額の範囲内で何度も繰り返し借入れができるカードローンと初回から500万円以上の借入れが可能(但し追加の借入れは不可)のビジネスローンがあります。

 

しかし、ここで取り上げるカードローンとビジネスローンは、一般社会で使われている意味でのカードローンとビジネスローンですので、ビジネクストの商品名についての比較や解説ではありません。

 

 

それぞれのローンの特徴を整理してみよう

銀行や消費者金融のカードローンは、会社員やパート、アルバイトが利用するための金融商品です。

 

一方で、ビジネスローンは会社経営者や個人事業主が利用するための金融商品になります。

 

別の言い方をすると、カードローンは「雇われている人」のためのローンで、ビジネスローンは「雇っている人」のためのローンということです。

 

 

銀行のカードローンとビジネスローン

個人向けの銀行カードローンは、総量規制の対象外なので収入額に関係なく借入れをすることができます。

 

最近では、即日審査や即日融資に対応しているカードローンも増えてきています。

 

しかし、融資を受けた資金の用途は生活資金に限定されているので、事業資金に使うことはできません。

 

一方、銀行のビジネスローンは、残念ながら個人事業主を相手にしてくれません。

 

万が一、話を聞いてくれる銀行があったとしても、融資を受ける前に必要書類を提出してから融資が実行されるまでに1ヶ月程度の時間がかかってしまいます。

 

 

ノンバンクのカードローンとビジネスローン

消費者金融業者のカードローンは、銀行カードローンとは異なり「貸金業法」によって規制されるために「総量規制」が適用されます。

 

そのため、収入の1/3までしか融資は受けられませんが、借入れた資金は事業資金としての使用を認めているカードローンも多く見られます。

 

しかし、個人事業主などで申告額を控えめな数字にしている人は、総量規制を受けるために控えめな年収の1/3のしか融資が受けられないので、事業資金に使うには少なすぎてしまいます。。

 

一方ビジネスローンに関しては、必要書類を提出すれば総量規制の適用を外せる上に、資金用途も自由なローンもあるので、会社経営者や個人事業主の人にはカードローンと比較して充分に利用しやすいローンになっています。

 

融資までの時間を比較しますと、カードローンの様に即日融資に対応しているビジネスローンはオリックスVIPローンカードBUSINESSを始め数社しかありませんが、それでもビジネスパートナーが翌日、ビジネクストが3日程度なので、銀行の融資とは比較にならないほどのスピードです。